ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法](旧 生活学校バイオダイナミック・ファーム)
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
R.シュタイナーの洞察による持続可能で、地球を癒やす、精神的方法を目指すーバイオダイナミックCSAファーム
(旧 生活学校バイオダイナミック・ファーム)
2017年度BD研修生募集
[お知らせとお願いComment(0)]


若い生命を、北海道のバイオダイナミックファームで輝かせませんか?
 
世界をよくしたいと願うなら、
地球を癒すバイオダイナミック(BD)農法を、一緒にやりませんか?
身体を泥まみれ、汗まみれにして、笑い合い、北の大地で世界を変えてみませんか?
ソフィア・ファーム・コミュニティは、あなたを必要としています。



私たちのファームは今現在約20ha(約1ha畑、19ha放牧採草地)、16頭の牛と豚(予定)がいます。私たちはバイオダイナミック認証であるデメター基準にできる限り近づき、調剤を作り、BD農業を広げることを通して「地球を癒すこと」を目標としています。



ファームでは以下のようなことを学び、体験できます!
・多品目のBD野菜種を蒔き育て、出荷すること
・農場地域のコミュニティを作るCSA活動
・ファームに必要な建物を、みんなで作ること
・牛の放牧、柵管理、乳搾り、牧草刈りなど
・チーズ、バター、ヨーグルト作り
・石窯の天然酵母パン作り
・つけもの、加工品作り
・毎日の食事作り、片付け、掃除、共同体生活
・設備、道具のメンテナンス
・イベント準備や片付け
・バイオダイナミック農業講座の勉強
・バイオダイナミック調剤作りの講座、調剤散布
・他のバイオダイナミック農場や農家との交流
・堆肥つくり
・トラクターの作業
・雪と氷の世界の生活の仕方&遊び方!
・木こり仕事、ログの運び出し、皮むき、薪割り
・ファームの開拓
・英会話、国際交流(世界中からボランティアが来るので、世界中の友達ができます!)
・地球にやさしい持続可能な生活スタイル
・人智学、ネイティブ・アメリカンの生き方など

あなたが求めれば、毎日、ワクワクする新しい学びがあります!





★研修生募集要項★

資格:中学卒業以上40歳未満で心身共に健康で、BD農業を志す働く意欲のある方。(普通免許があると便利です)
研修期間:2年(初めの1〜3ヶ月の体験研修を終えた後、お互いの話し合いにより、本決定。1年ごとの修了課題があります)
研修費:特にありません。ファームでは、住む場所とファームでの基本的な食事を提供しますが、それ以外の外食、買い物などはご自分で賄ってください。
※将来就農を真剣にお考えの方は、北海道就農研修支援制度を利用されることをお勧めします。年間150万円、最長2年間給付が受けられます。(詳細は北海道担い手育成センターのHPをご覧ください)また給与手当制度の「農の雇用事業」(最長2年間)の活用も考えています。詳細ご相談ください。
お休み:1週間に1日、お互いの予定を調整して取っていただきます。日々のスケジュールは季節によって変わります。



私たちはアメリカ人の夫と日本人の妻で、日常の会話はほとんど英語で話し、自然にそった質素でワイルドな生活スタイルを楽しんでいます。
もしこのような生活スタイルと仕事を楽しんでいただけるのでしたら、ぜひご連絡ください。
またご質問があれば、お気軽にご連絡ください。



ご希望の方は、
1.お名前  年齢
2.連絡先(住所、携帯番号、メールアドレス)
3.ご希望体験研修日(おおよその希望開始日をお書きください)
4.どちらでソフィア・ファーム・コミュニティをお知りになりましたか?
5.自己紹介(出身、学歴、職歴も含む)
6.研修希望理由
7. その他ご自由に
 以上を明記の上、下記の連絡先に送ってください。

研修以外の長期ボランティア(農業作業全般スタッフ、キッチン加工スタッフ、薪割りスタッフ、建築修繕スタッフなど)も大募集中です!詳しくはお問合せください!



ありがとうございました。



[お知らせとお願いComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/04/09 18:50:24
Last Modified 2017/04/09 20:02:16

2017/04/05
私たちからのお願い 
[このみ/ Konomi CampbellComment(1)]


十勝のソフィア・ファーム・コミュニティは、まだ今朝はマイナス5度になりましたが、日中の日差しは暖かく、雪もどんどん溶けて、土が凍っているところもだんだん溶けてドロドロになっています(笑)南の方では、桜開花の話題になっていますが、こちらの桜開花はゴールデンウィークごろ。
今は、ふきのとうが出てきて、福寿草も咲き始め、あー春がやってきたー!と、ハウスの中での苗づくりなどにバタバタしています!


さて、突然ですが、今回は私たちにとってはとても大切なお願いがありメールさせていただきました。お忙しいところ長い文になってすみませんが、お時間いただけたらありがたいです。

もう数年にわたり、私たちは「スコットランド」という愛称で呼んでいる土地、つまり、ここ本別の山の上で借りている土地を買ってここにコミュニティーをつくりたいと言っていました。でも私たちはそれをどのように進めていいのかわからず、目の前にあることに追われて具体的に進めることができていませんでした。

昨年は、ベンが怪我をして約1ヶ月入院をしたり、冬、牛に食べさせるための乾草の大半を雨に濡らしてダメにしてしまったり、大雨や台風の影響もあり、本当に大変な年で、秋ぐらいまではも うこの事業をやる若い人がいないのなら、事業を縮小するか、別なところでするかなど、迷いがありました。でも、昨年終わりぐらいから、どんな方法であれ、もうそこを買って私たちの事業をすすめるしかない!と思うようになりました。それは、実際に研修生の一成くんが来てくれたことや、それ以外にも、去年の夏であった方々からも来年以降、(短期を含め)研修をさせてほしい、このソフィア・ファームはバイオダイナミックをする人を育てるマザーファームになりつつあるので、ぜひ続けてほしいとの声をいただいたことなどからです。



それで、今年に入ってスイスのゲーテアヌムでのバイオダイナミック(BD)農業国際カンファレンスに出席、ドイツでは、歴史のもっとも古く大きなフランクフルト近くのBDファームコミュニティ、ドッテンフォルフ農場訪問、日本では、日本のバイオダイナミック農場で一番歴史の長いぽっこわぱ農場に(ベンは初めて!)伺い、福岡、千葉、京都、神奈川、横浜のシュタイナー学校などに訪問し、それ ぞれのところで私たちのスライドを見ていただいたり、研修生のリクルートや添付した書類などで、私たちのしていること、未来計画などを話して来ました。私たちはとても多くの方々にお会いすることができ、たくさんの共感をいただき、未来に希望をもって戻ってくることができました。この旅で得た繋がりは、ソフィア・ファームのみならず、日本のバイオダイナミックに今年以降の大きなウネリを作ると確信しています。



旅から戻って来て、すぐに「スコットランド」の土地全部の木が売られてしまったことを知りました!!!!!!!!(泣)

ここ本別町に引越しファームを始めた当初、私たちは、最初に今使っているところだけでも守りたいので、その部分の畑を買わせてほしいとお伺いに地主さんのところに行きました。そこで地主さんは、いや、部分的では困る、100町(100ヘクタール)まとめて買ってほしいと言われ、周りの森も含めて守りたかったので、それ全体を守れるならと100町買うことを考えていました。が、遅すぎたのです!

最悪の事態!と思いましたが、私たちはラッキーでした!
なんと、林業会社の方は、私たちが残したい林は、買い戻しすれば切らないと言ってくださったのです!!!!!!
ついでに林業会社の方は、(買い取ったのが)私たちの会社でよかったですね。他の会社だったら普通、買ったものは会社のものだからと問答無用で切られちゃいますよと言われ、本当にラッキーだと思いました!!!

なるべくなら木は切りたくないんですが、もし、多少木が切られてしまっても15年もしたら、自然林なのでそこそこ林は再生するでしょう。30年もしたらある程度の森にはなるでしょう。私たちが考えているコミュニティーは、ここ数年だけのことではなく、次世代もその次の世代、そのまた次の世代と延々つづくコミュニティーを考えています。バイオダイナミックを続けられる土地とコミュニティーをです。



そこで今、土地を買い、森を守り、BD研修ができるコミュニティを立ち上げるためのご支援を緊急にお願いしたいのです。

土地は、株式会社方式の農地取得的確法人になり、そこで所有し、最初はベンと私が代表で、その後若い人を加え、BD農業者による法人の土地として、ずっとBDが続けられるように組織を作っていきたいと思っています。

ビーフ販売を中心に、乳製品の加工所もつくり、それぞれ畑担当、動物担当、事務担当などとスタッフも増やし、コミュニティー的働き方でBDファー ムコミュニティーを回していければと思っています。もしもう少し具体的な内容をお聞きになりたい場合はご連絡ください。



このプロジェクトのためにお預かりするお金は、一時、帯広信用金庫の口座に預からせてください。ある程度のお金が集まりましたら、会社(農業法人)設立、土地購入するにあたり、ずっとファームの会計を見てくださっているシュタイナーいずみの学校の元父母でもあり、今でもシュタイナーコミュニティひびきの村やいずみの学校やその関連関係者の会計をほぼボランティアで見てくださっていて、東京で会計事務所に勤めつつ、年の半分(以上?)をいずみの学校近くのご自宅で過ごされている税理士の方にしっかりご指導いただく予定です。

今、集めたいと思っている総額は、土地代約1000万円+森を買い戻す&立上げ運営費2000万円=3,000万円です。(土地代は以前より安くなりましたが、森の代金の方が高いんです〜泣)

無謀な金額で、私たちの無茶な天真爛漫さに呆れるかと思いますが、私たちの今までの歩みをお鑑みいただき、日本でこれからの時代にさらに必要とされるであろう、より質の高い、持続可能なバイオダイナミック を未来のこどもたちのために広げる資金としてのご協力を切に、切に、お願いします!<

ご寄付いただく方法として、
・50万以上の場合はこれから立ち上げる法人の出資金(優先株)または長期借入金として※1
・5万以上50万未満の場合はファーム友の会会員としてファームの生産加工物や特待などでのお礼
・1万以上5万未満の場合はサポート会員としてファーム生産加工物を2回お届けします。
・5,001円以上の方は、4キロ未満の生産加工物をお届けします。
・5,000円の方は、プレミアム・ハーブソルト1袋プレゼント
・2,500円の方は、ハーブソルト1袋プレゼント 
 ※ご寄付に際してプレゼントをご希望の方は、お振込日、金額、ご住所、お名前、ご連絡先を、お振込1週間以内にメッセージ、メールまたは振込用紙でお知らせ下さい。
 ※1 詳細は、お問合せください。
 ※私たちは夫婦二人+研修生、時々ボランティアさんでファームの運営をしながら、この土地問題についても向き合ってやっております。お寄付いただいた後のご連絡やプレゼントの発送などが、作業をしながらの中でしますので、遅くなる場合が多々あるかと思いますが、どうかゆったりとお待ちいただけたらありがたいです。(実は事務仕事、すごーく苦手なんです(汗)よろしくお願いします!!!m(._.)m




【ソフィア・ファーム・コミュニティー新プロジェクト用の専用口座を開設しました】
帯広信用金庫 本別支店(店番032)
口座名   SFC4A キャンベルこのみ
口座番号  普通口座 0102103
※SFC4A:Sophia Farm Community for Anthroposophy の略

普通、事業として考えるのでしたら、私たちが会社を立ち上げて、しかるべきところにお金を借りて、ビジネスを成功させてそれを返済していくように計画して、従業員を雇って回していくというのが方法でしょう。でも、私たちは今後新しく農業をしようと希望をもち、「バイオダイナミックで地球を癒していく」仕事をしようと志す若い人たちに、借金も抱えて自分たちがしたいと思う本来の仕事ができにくくしたくないのです。

私たちはもう個人で借金できるほど、若くはないので、私たちが借金を作ってしまうとそのツケは若い人たちにいってしまいます。(第一、お金もなく財産もなく、事業も小さく経営にもなっていない、風変わりなことをしている年寄りな私たちに貸してくれる銀行などどころもないのですが(^^;;)
今、日本ではバイオダイナミック農業といってもほとんど知る人はいません。だからそれが大事だと思ってサポートしてくださる絶対数も本当に少ないのです。

私たちは地球をよくするためにとずっとやって来ましたが、これ以上のことを私たちだけでするのは、無理です。

若い人たちには、私たちの世代以上の年寄りが資源を使い果たして汚して荒れさせてしまった地球を残していくしかないのです。だからそんな地球しか与えられていない若い彼らの仕事を少しでも軽くしてあげたいと思うのです。私たち世代以上がしてきてしまった地球破壊のせめてものお詫びに。

バイオダイナミックは、地球を癒し、人を癒すでしょう。

大変長くなってしまいました。つたない説明で分かりづらいところが多々あると思います。また、まだまだ考え不十分なところも多々あります。もし何かご質
問、またはご助言などありましたら、どうぞいつでもご連絡ください。そしてこのようなことに疎い私たちを助けてください!

みなさんからも寄付の総額で、どれだけの森が守れるかが変わります。
4月中ごろ〜下旬あたり?にその決断をしたいと思っています。(今週でもう少しはっきりした日にちがわかると思うのですが、とりあえず急いでお伝えしたく、はっきりしない状態ですみません。今後ご連絡いただければ、FBかメールなどでご希望の方には状況をお伝えできるようにしたいと思っています。

どうぞ、どうぞ、どうぞ、よろしくお願いします。
ありがとうございます。

ベン&このみキャンベル



[このみ/ Konomi CampbellComment(1)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/04/05 17:41:45
Last Modified 2017/04/05 19:43:33

ソフィア・ファームCのアクセス
[お知らせとお願いComment(2)]
ちょっと古めの地図です。
88号線から美里別方面に曲がった後、美里別方面に曲がってから2kmぐらいのところにある「生活学校」の看板を右側に曲がって下さい。美里別方面に曲がると下り坂が続き、橋を渡ると上りになります。その上りになって少しいくと(登り切るまでに)右に入る道があります。そこにも「本別生活学校」があります。

そこを曲がると、斎藤牧場さんの看板が右側に見え、そこを過ぎ、右側にビニールハウスが何棟か見えてきたら、そろそろと走ってください。右側に入口があり、白い世界平和のポールを目印にお入りください。

平屋の煙突が2つでている建物が、ソフィア・ファーム・コミュニティの事務所です。

わからないときは携帯にご連絡ください。
また以下の地図を見てください。

ナビで来られる方は、707−1では、検索できないと思いますので、西美里別706−7(これはお隣の林さん宅で、生活学校をされているところ)で来てください。その手前に私たちのファームがあります。





[お知らせとお願いComment(2)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2013/05/19 01:19:42
Last Modified 2017/04/08 12:06:43

2017/02/24
Home Sweet Home/2017冬の旅 最終回
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]
いよいよ旅も終盤。
ここまで奇跡の(ヒッチハイクを予定していたのに、なしで)旅をし続けておりました(←つまり、みなさんにびっくりするぐらい支えていただき、送り迎え付き!WAO!!!)でしたーーー!が、最後はやっぱり、これですよ!ヒッチハイク。



八戸までは、2台の車でヒッチハイク。1台目は、八戸の途中の久慈市?に会社があるという会社のトラックドライバー。この方は、前を走っていた同じ会社の方から「ヒッチハイクしている人がいるから乗せてあげたら?」と携帯に連絡があり、私たちを見つけて乗せてくださいました。その次に久慈から八戸に乗せてくださった方も、朝、私たちがこの場所でヒッチハイクしているのを見ていて、帰りに再度私たちが久慈でヒッチハイクを探しているのを見て、八戸のフェリーターミナルまで乗せてくださいましたー!



おかげさまで無事、八戸のフェリーポートにすっっごく早く、それもまた玄関前まで送っていただき、到着。ありがたいです。
ありがとうございます。



さて無事、乗船し、明朝やっと北海道、苫小牧港、入り!



フェリーを降りたところでヒッチハイク。早朝でしたが、フェリーの中であなたたちのこと、見ていましたよ、という八戸の方が乗せてくださいました!



帯広市の柏林台近いフクハラからヒッチハイク。帯広の隣町の芽室の方が拾ってくださり、ファームまで送ってくださいましたー!ラッキー♡網走までワカサギ釣りに行くという、すっばらしいキャンピングカーでのドライブでしたー!!!



ファームに着きました!


私たちがいない間、ファームを守ってくれていた一成くん!ありがとうー!!!
ハグ♡ーーーーー!!!!!


ありがとうー!ありがとうー!ありがとうーーーーー!!!



この旅での素晴らしい出会い、学び、時間を糧に、これからもますます地球のため、次世代のためのBDムーブメントに邁進してまいります!

この旅を支えてくださった、皆みなさま、
本当にありがとうございましたーーーー!!!!!!!!!!!


[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/02/25 17:05:48
Last Modified 2017/02/25 17:50:09

2017/02/05
スイスゲーテアヌムBD農業会議/2017冬の旅その3
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

カンファレンスの大会場、有名なゲーテアヌムの天井画。

※カンファレンス中の中の様子は写真が撮れないので割愛します。

さて、2月1日からカンファレンスが始まりました。
朝8時半から夜9時半ごろまでびっちりです!!!^^;

あまりにも色々なことがありすぎて、すべてをお伝えできないのですが。。。



カンファレンス中、たくさんの方々にお会いしましたが、一部だけ。
スペインで有名なBDの巨匠とご一緒に。(ベンと肩を組んでいる方)


日々の食事は、こんな感じで、BDオーガニックベジ食事!美味しかったー!!!


部会に分かれての会議では、ワールドワイド(世界中の)調剤作りの部門に参加しておりましたが、その中で心に残った言葉。

The only true way to understand the preparations is by working practically with them, means making and applying them and being fully present when working with them. And the understanding that we try to gain through our own observations, personal experiences, botanical studies and the sadly all to brief descriptions given by Rudolf Steiner can really only serve to stimulate our own inner insights and provide an impetus for the practical work.


調剤を理解するたった一つの本当の方法は、調剤を作り、使うという具体的に調剤と働くことによってだけです。そして一緒に働くことによって完全にわかるようになります。そして、私たちの理解は、私達自身の観察、個人的な経験、植物の研究に努力することによって得られるので、残念ながら、ルドルフ・シュタイナーから与えられた説明は、私達自身の内側の洞察を刺激し、実用的な仕事のためのはずみを提供するのに本当に役立つことができるだけでなのです。

つ、ま、り。調剤の本当の理解は、自分自身で作って使い、自分自身の観察と経験、植物の学びから得られるのであるということ!最終的には、自分!
うん、うん、いいぞー!





いきなり最終日に飛びますが。(^_^;)
カンファレンス最後のパーティー!
1つ1つ、結構な大きさなんですが、全部食べたーい!ので、お腹パンパン(笑)
(この写真以外にもたくさんあったんですー(*^◯^*)


ノンアルコールの会でしたが、バイオリンとアコーディオンの演奏で、盛り上がる、盛り上がる!


ホール全体で、フォークダンスのようなダンスを老いも若きも一緒に、ずーーーーと延々していました!ひゃっほー!



実は、最終日の次の日。こちらグラウハウスという、BD農業事務所にて、各国から主だったBD関係者の方々が集まってのBD会議が引き続きあり、私たちもそれに参加してきました!


円卓会議ならぬ、円机会議ですな。
ここでの話し合いがもっとも核心をついた深い話し合いで、もう私たち、ぐらんぐらん。連日の疲れも出て、外国語を集中するのにも限界!という感じでしたが。。。
でも素晴らしい話し合いと出会いで、本当によかったです!

そして、写真が一緒に撮れず(残念!!!)載せルことができませんでしたが、
最後の最後まで、お世話になったジェシー!
ありがとうーーーー!!!!!
Thank you so much, Jesse!!! We miss took a picture together! That's a big help for us. We hope meet you again!

最後に、カンファレンス中に毎日1時間、選択制で芸術の時間があり、私はコーラスに参加しました。
最終日、ゲーテアヌムの踊り場で歌いましょう!ということになり、このすばらしい響きを響かせました。まだ練習途中という感じですが、世界中のBDファーマーが集まって歌っているこの響きを、ぜひお聞きください!


[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/02/27 16:44:28
Last Modified 2017/03/01 14:16:59



Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2017 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com