ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法](旧 生活学校バイオダイナミック・ファーム)
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
R.シュタイナーの洞察による持続可能で、地球を癒やす、精神的方法を目指すーバイオダイナミックCSAファーム
(旧 生活学校バイオダイナミック・ファーム)
2017/02/24
戻りましたー!2017冬の旅その3
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]







[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/02/24 16:10:46
Last Modified 2017/02/24 16:10:46

2017/02/01
スイスのBD農業国際会議参加に向けて!2017冬の旅その2
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

ということで、無事、チューリヒ空港に着きましたー!


で、ここからゲーテアヌムまでヒッチハイクする!と言っていたんですが、なんと、今回ゲーテアヌム周辺の宿を探していて、紹介してくれた次郎くん(アメリカのシュタイナーカレッジ、北海道伊達市のひびきの村時代の同僚&大恩師の大村祐子さんの息子さん)のお友達ジェシーが、自分たちが管理しているゲーテアヌム大学の学生寮に空きがあるのでどうぞ!と言ってくれ、さらに空港まで迎えに来てくれたんですー!!!!!!


新しい車を買ったばっかりだからドライブを楽しむんだ!と言って、来てくれて。。。


学生寮の目の前まで車で乗り付け。寮に荷物を運び入れ、Wi-Fiの確認をしてくれて。。。!!!!!!
もう、もう、もう・・・・・・・・・!
ちなみに彼はアメリカ人でした。


学生寮とはいえ、立派です。


ベットも2つあり、学生だけではなく、このような外来からの講座を受けに来ている人も空いている部屋は貸すようです。


かわいいキッチンもあります!




寮に落ち着き、荷物を置いたところで、目の前にあるゲーテアヌムに歩いて行きましたよ!だって歩いて1分で行けるという最高!!!(感涙)
今日は、雨でした。冬で雨が降るって、北海道ではないので、雨具なにもなく、油断したなー
ま、そんなにざんざん降りではないので、コート濡らしただけで済んだけど。


霧に浮かぶゲーテアヌムも幻想的ですね。

で、いよいよ明日から農業カンファレンス!
続きをお楽しみに〜!!!

ありがとうございました。


[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/02/01 14:54:31
Last Modified 2017/02/02 17:05:53

2017/01/31
スイスのBD農業国際会議参加に向けて!2017冬の旅その1
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]
今年、バイオダイナミック農業の本部でもあり、シュタイナー活動(人智学)の本部でもあるゲーテアニムでの毎年1回あるバイオダイナミック農業国際会議のテーマが、私たちのミッションでもある土と調剤なので、これはいかんわけにはならん、ということでベンと二人で行くことにしました!
We decided to go Biodynamic conference in Switzerland.


スイスで配る資料作り。ベンの英語原稿を元に頑張って作りましたよ!


いろいろな資料作りも手作り&他の仕事の関係でギリギリになり、出発する前日に街にでかけて大型スーパーの安いコピー機で原稿持って行って作るという、20年前の「ひびきの村」創設時と変わらんことしておりました!
※ひびきの村というのは、人智学の共同体を目指して北海道伊達市に1996年に始まり、そこの創設メンバーとして働いていました)



で、出発!
出がけに、お留守番してくれる研修生の一成くんがもたせてくれたミルクを飲むベン
これ、2リッター入っていたのかな。しかーし、新千歳空港から飛ぶときにはもうなくなっていた(汗)


新千歳までバスで楽々〜!
(さすがに遅れが怖くて、ここではヒッチハイクはできませんでした!汗)


悠々座席の3列なんだけど。。。リクライニングもかなりでき、私にはとっても快適なんだけど。。。。。ベンにはやはり狭いのでした。。。足がつっかえいる(⌒-⌒; ) そんな中でも読書するベン。


今回の旅で、初LCCデビュー!!Yeah! バニラエア航空でございます。
で、ご多聞にもれず、しょっぱなから2時間遅れの出発で、ちょっと最後はハラハラしました。(汗)
でも、それを見越して早めにしていたので、助かった!
ちなみに、今回の私の料金、新千歳空港ー成田空港の片道で4,980円!ベンはレッグルームのある席と預け荷物を選んだので、もう少し高めになりましたが。。。それでも、7,970円 へへへ


そして初エミレーツ航空で、成田からスイスのチューリッヒまで!
こちらもバーゲンGETして、ベンと二人の往復でだいたい14万円
一人分ではないですよ。二人分の往復で、です!イェーイ


こちらも余裕のある乗換えにしていたので、途中、ベンの日本の在留期間が過ぎていた!という問題(^◇^;)も、私がPCノートを飛行機内に忘れて降りてしまった(⌒-⌒; )(汗)という問題も、クリアして予定通りチューリヒまで予定通りの便で行くことができました!(汗)(汗)(汗)(^_^;)

ということで、余裕の私たちは、飛行機待ち時間もこのようにリラックスして待っておりました。(汗)


長靴(一応新調しましたよ!)履いて、百姓そのまんま。(汗)(長靴履いているのは国内線のみです。国際線では入国管理厳しいですからねー!とくに農家は。


さあ、これからがどうなるか、つづきを乞うご期待!(汗)


[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/02/01 13:05:59
Last Modified 2017/02/02 17:06:55

2017/01/11
美しい牛、そのつづき。。。
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]


この度は、
お肉さん注文しました者です。
度々 質問にも丁寧にお答えしてくださり
ありがとございました。

少し早いですが頂きました。
和牛の霜降りになれているので、独特の香りに戸惑いましたが。

このみさんのホームページの記事美しく目覚めた牛、見たことありますか?を見て、涙がとまりませんでした。
愛の中で育った 牛さんを命を頂いてることに ほんとに感謝です。
素敵な記事です。
ぜひこの子のお名前知りたいです。
この子と繋がれてる事に感謝です。

生命ある食事をできる限り
していこうとより強く感じました。
ありがとございました。


山本

・・・・・・・・・・・・・・・・・
山本 さま

こんばんは。
ステキなメッセージ、ありがとうございました。
こちらも泣けてきます。

はい、牛の名は、スージーと言いました。お母さんは、ベティーで、私達が十勝に引っ越してきてはじめて持った牛です。
スージーはやんちゃで、怖がりで、でも食欲旺盛で、お母さん牛ベティーのお乳をかなり大きくなるまで飲んでいました(笑)1歳を過ぎても、離乳させても、またお母さんと一緒になると飲んでいたんですよー!

私達のファームで生まれ、育ち、見事な美しい牛でした。
想ってくださって、本当にありがとうございます!

私達の心のなかにはまだスージーがいて、その魂が日本中のあちこちに広がって、みなさんの生命につながっていくことを感じています。

感謝です。

キャンベルこのみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キャンベルこのみさん。

お便り ありがとございます!
また、涙が出ました。

愛の中で育った スージーちゃんのことを想うとこうして、私達 人間の食料になる
運命をどう捉えていいのか。
以前 ベジタリアンをしてた時期があります。
生き物の命を頂く事に その当時は批判してましたが
今は、その生き物の命と一緒に生きていく事は、宇宙そのものにも感じてます。

愛情たっぷりで生きてきたスージーちゃんの愛そのものが私の中に流れてることに
感謝と涙です。

こうして ご縁ありましたことに
ありがとございます。


山本

・・・・・・・・・・・・・・


後ろのほうにいる、黒い牛がスージー


山本 さま

度々すみません!
このテーマは、私達バイオダイナミック百姓にとっても大切なことなので。。。
私が考えていることですが、、、

私達人間は、他の生命をいただかないと生きていけない、今状況にありますよね?一般的には。(たまに食べなくても生きていられる方もおられるようになってきましたが。。。)
動物だけでなく、植物も生命を私達に与えてくれて、その生命を人間の体内で消化して無にして(形を崩して)また私達の生命になるように組み立てなおして、私達の生命にしているのが今の状況だと思うんです。
そういう在り方、他の生命を殺して自分の生命にする。。。ちょっといやな言い方にしてしまいましたが。

でも、私はこう思うんですよ。バイオダイナミック農業の根本にあるルドルフ・シュタイナーという人の哲学から学んだことなんですが、、、、

この宇宙にいる存在はすべて、その存在をかけて、この宇宙を進化させようとしていると思うんですね。
この宇宙をよくしようと。

で、地球に居る、植物も動物も人間もその使命を果たそうとしていて、それぞれの在り方でしていると思うんです。で、植物も動物も、人間ができることにその使命を託していると思うんです。人間にしかできないこと、それは思考(精神)の進化だと思うんです。。。

なんか、堅い言い方になってしまいましたが、、、、そしてあんまり上手に説明できていないことは重々承知しているんですが、端折らせてください。。。

で、私は、その植物や動物の生命の犠牲をいただいて、人間として宇宙の進化が進むように、その頂いた生命を最大限生かすために自分の使命を果たしたいと思っているんです。その使命というのが、私にとっては農業。バイオダイナミック農業なんですがね。バイオダイナミック農業自体、・シュタイナーが地球を癒やすために提案した農業なので。それを次世代のために準備しているつもりです。。。

ま、よかったら私達のブログなどをご覧になっていてください。そうできている時もあるし、できていない時もあるんですがね(笑)

長くなりました。ここまで読んでくださってあ りがとうございます!

ではでは〜!!!

このみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このみさん。

凄いです!
ほんとうに。
シュタイナーさん知ってます。
でも、知ってるだけで
実践すら出来てません。
このみさんは、形にしてます。
知識だけでは、語れませんよね。
ほんとうに素敵な事だと
感じてます。

時代の流れはあっても
ひとつひとつの生命は
宇宙をよくしていこうとしてますよね。
でないと、すでに滅んでますもん。

このみさんのブログを通じて
学んでいきますね。


度々 メールするかもですが
その度は、よろしくお願いしますー!

また、自分の内側の何が
変化していくエネルギーを感じます。

このみさん
ありがとございます!

山本。
・・・・・・・・・・・・・・・・
山本さん

はい、シュタイナーさん、すごいです!

えっと、今はビーフ販売中&冬ということもあり事務仕事に専念していられるんですが、普段は私、あまりパソコンに向かう時間がなくて、なかなかお返事できないかもしれませんっ!でも読んではいますので、何ヶ月後?とかのお返事になるかもしれませんがご了承くださいませ!というか、できないことが多いので、お返事期待しないでください(^^ゞ

色々ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
このみさんへ。


今晩は。
過去を遡って ブログ拝見させて
頂いております。
ほんとに、素敵ですね。
調和のエネルギーを感じます。

エネルギーあるものを
スージーちゃんから感じてます。
言葉でなく 身体で感じてます。

このみさん
ありがとごさいます!

山本 ❤︎



[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2017/01/11 21:50:38
Last Modified 2017/01/15 10:21:14

2017/01/02
美しく目覚めた牛、見たことありますか?日本でここしかないBD調剤散布の放牧で育ったビーフ
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]



瞳は、澄んで生命輝く光を放ち、時には内面を感じている静けさをもち、
耳は、よくうごき、すべてを聞き、感じ取り、
鼻は、いい香りの草を嗅ぎ取り、よく働き、
角は、威厳とともに、たくましく、また繊細に内面を反復し星々の響きを受けとり、
足の爪は、黒くひかり、形よく地面に押し付け闊歩し、
体全体にみなぎる生命を誇るように、身震いをし、
歩くたびに見える引き締まった筋肉が動く様は、まるでゆるやかな波のよう、
こんな美しく気品と威厳に満ち、目覚めている牛を、見たことがあるだろうか?

この牛が生まれた時も、星々と、太陽と、大地、風、牛たち、牛飼いやボランティア、みんなに祝福され、母牛がそばにいてずっとずっっと守られ、愛の中で育った。

この牛が生まれた感動の瞬間。
仔牛誕生
↑↑↑仔牛誕生の記録を書いたブログも見てください



この日から、毎日、私たちBD牛飼いは、初乳を十分飲んだか、母乳をちゃんと飲んでいるか、下痢をしていないか、ケガはないか、群からはぐれて崖に落ちていないか、
草は足りているか、水は飲めているか、身体に痒いところはないか、
満ち足りているか、他の牛と共生できているか・・・・・と、ずっと見続けてきた。

実際、母牛から離れて崖の下に落ちていて、なかなか見つけられなかった時、みんな総出で、傾斜の山の放牧地約10ヘクタールを、懐中電灯片手に探しまわったこともあった。雨が降って霧が出て視界が悪く、更にそろそろ暗くなって来た時だった
そんな中でも仔牛を見つけるのは、いつもベンだった。
そうこうして、牛たちの群のなかで、のびのびと、力強く育っていった。


今年、ある決断をした。
美しく育ったこの牛を、この冬、今年の肉にしようと。
共に過ごした日々が走馬灯のように、牛飼いの頭に流れていく。


その日の朝、私たちは牛舎に、セージを焚き、牛舎の中に、牛の頭に、背中に、足に、お腹に、後ろに、そのセージの煙を振りまき、祈りのことばと歌を歌った。
牛たちは、その中で静かに、草を喰んでいた。
朝陽が、牛舎の高い屋根から射していて、空気は冷たく、牛飼いが長柄フォークで牛舎の牛糞を丁寧に1つ1つ取り除ける仕事をし、草を食む音だけがしている、静かで聖なる時が流れた。


大きなダンボール箱の中に、小さくパックされた肉の塊が戻ってきた。
肉、ではあるが、牛飼いにはそれが肉以上のものに感じられた。
牛存在そのもの、牛のありかたそのものが、そこにあった。
その、力強さ、たくましさ、香りから感じる気品、牛の眼差しから感じるしなやかさと優しさ、身のしまりから感じる味わいの深さ。

この肉の塊は、生命に満ち満ちた食べもの、だと、牛飼いは感じる。
美味しいだろう、味わい深いだろう、だけど、それだけではない。

この肉を、ぜひ手にとって欲しいと牛飼いは願う。
この肉は、牛飼いを暖め、そのファーム全体も暖めるだろう。
この牛の誕生を美しいと思ってくれるなら、この牛の立ち姿を神々しいと感じていただけるなら、共に共感していただきたい。

BDファームは、実際に五感以上の感覚を働かせ、経済活動もあり、教育活動もあり、癒しの場でもあり、、、、理想と現実を両方行う必要のある、非常にバランスのとれた場である。
その稀なるファームの未来の為に、それは次世代への橋渡しとなるために。


BD牛飼いの願い。。。。。。。

ぜひ、このビーフを手にとって欲しい。
このファームの有り様に、感じたものがあるならば!
このファームの光を、暖かさを、未来を、続けるために!!!


最後に去年ビーフを購入してくださった方からのお便りを紹介させてください。

「昨年はじめてお世話になりましたSと申します。

彼女の貧血や生理不順等の改善のため、
良質のお肉をさがしていて、偶然お世話になることができました。

あれから、ほぼ1年。
彼女の血液の鉄分の数値もだいぶ改善され、なにより、生理が前年の4回→9回に!
最後の生理周期は32日と、かなり正常に近づいてきたのではないかと思います。

もちろん、因果関係を証明できるものではありませんが、
しあわせビーフはただ美味しいだけでなく、
凄くエネルギーを感じ、体が悦んでいるのがわかったんですよね。

今年も、是非宜しくお願いします。

<ご注文後の2回めのメールで>

いろいろご配慮(予約&仮予約)ありがとうございます!

実は、今年入手できない可能性も考えて、まだ去年のお肉を少し残しておりました。
一応、真空パックはしたものの、家庭用冷蔵庫の冷凍室なので品質の劣化は避けられないかなぁ、とも思っていたんですが、冷凍焼けもなく、お肉を切っていくと、
包丁やまな板、指に吸い付いてきて、まだ、このお肉生きてる!!と感じました。

これでまた1年、美味しく生命力のあるお肉をいただけるね、と、彼女とニンマリしております。
彼女は、月のもののあとは、レバーとか赤身の強いお肉とかが凄く欲しくなるみたいなので、安心で生命力のあるものは、喉から手がでるほど欲しいんですよ!

彼女は若い時分に「多嚢胞性卵巣症候群」と診断され、妊娠できないとずっと思い悩んで生きてきたようです。
でも、ここ1年超、食生活を中心に生活習慣を見直し、ソフィア・ファーム・コミュニティーさんのお肉をはじめ生命力のある食材と出会い、体質の変化がしっかりと感じられるようになり、自然な笑顔も増え、考え方も前向きになってきました。

妊娠した時には、真っ先にソフィア・ファーム・コミュニティーさんに報告しなくちゃね!
「多嚢胞 性卵巣症候群」で悩んでる女性も多いので、勇気を与えられるようになりたいね!と、1年前からは想像できなかった話もでて、本当に良かったな、と思っているところです。」



ありがとうございます〜〜〜2016年度のビーフは完売しました〜!


[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2016/12/13 21:38:14
Last Modified 2017/01/11 21:28:18



Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2017 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com